口腔外科・親知らず抜歯

親知らず

親知らずの抜歯

親知らずは生えてくる場合と生えてこない場合、また最初からない場合があります。
親知らずはまっすぐ生えて、きちんと歯を磨くことができるのであれば抜く必要はありません。

放置すると他の歯に影響

斜めや横に向いて生えてくる場合、強い力で手前の歯を押すため、歯並びが悪くなったりします。また歯ブラシが届きにくくなるため、磨き残しができてしまい、虫歯や口臭の原因になるばかりか、まわりの歯肉が炎症を起こすことがあります。
他の歯を守るという意味で、親知らずを抜くという選択肢もあると思います。

親知らず抜歯以外の口腔外科

当院では通常の抜歯はもちろん、親知らずの抜歯以外にも、抜歯した親知らずを自分の顎の骨に移植する自家歯牙移植(じかしがいしょく)、まっすぐ生えず横向きに骨に埋もれている親知らずの水平埋伏智歯(すいへいまいふくちし)、歯周外科手術、唇にできやすい粘液嚢胞(ねんえきのうほう)、歯の根の先にできる歯根嚢胞(しこんのうほう)除去など、外来で行える範囲内での外科処置、手術を行います。

ご予約はこちら EPARK歯科 中澤歯科クリニックブログ 歯医者ガイド 歯科医院の口コミサイト