インプラント・入れ歯

他の治療法との違い

 インプラント入れ歯ブリッジ
治療法 インプラント インプラント インプラント
審美性
噛む力
口内衛生 優れる 不衛生になりやすい 不衛生になりやすい
耐久性 優れる 合わなくなる事が多い 両隣の歯に負担
健康な歯を削る なし なし 両隣の歯を削る
違和感 なし 有り 少ない
顎骨がやせる なし やせる やせる事がある
手術 有り(抜歯程度) なし なし
診療形態 自由診療 保険診療or自由診療 保険診療or自由診療
治療期間 通常6~24週間程度 2週間~2ヵ月 2~3週間

インプラント

選択肢のひとつとしてのインプラント

歯周病や虫歯、外傷などで歯を失ったとき、歯を補う方法として「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」がありますが、インプラントは周囲の歯に負担をかけずに自分の歯のようにしっかり噛むことができるのがメリットです。 ブリッジは歯を少し削らねばならず、隣の歯に負担がかかります。また、入れ歯はまわりの歯を削る必要はありませんが、しっかり噛むことができません。 当院では治療方法のオプションのひとつとしてインプラントという選択肢をご提供しています。
ただし、インプラントの場合、自分の歯と同じようにしっかりとしたケアとメンテナンスが必須です。

インプラントのメリット

  • 噛み合わせが安定する。その状態を維持できる。
  • 失った歯の数が多くても施術可能。噛み合わせの力が回復する。
  • 見た目が自然。
  • 適切なケアを行うことで、耐久性にすぐれる。

インプラントのデメリット

  • 治療期間が長い。
  • 状態によってはインプラントを適用できないケースがある。
  • 1本単位なので費用がかかる。
  • 定期的なメンテナンスが必要。

入れ歯

入れ歯の違和感を解消

入れ歯をしている患者さまのお悩みは、痛い、外れる、噛めないといったこと。 口の中に異物を入れているので、違和感もついてまわります。 違和感に対してはある程度“慣れ”が必要ですが、それでも「せっかく作ったけれど使っていない」といった相談も多く寄せられます。 入れ歯には保険診療と自由診療の2種類があり、種類によってメリットやデメリットがあります。 自分に合った入れ歯を見つけるためには、まずは現在の状態を理解し、違和感の原因が何なのかを探ること。
これらの作業は、私たち歯科医と患者さまが共同で行っていきます。 入れ歯がなかなか合わずにお困りの方は、当院にご相談ください。

入れ歯の種類

部分入れ歯
  • コーヌス・テレスコープ義歯
  • スマイルデンチャー
  • シリコーン義歯
  • アタッチメント義歯
総入れ歯
  • 金属床義歯
  • シリコーン義歯
  • アタッチメント義歯
  • インプラント義歯
ご予約はこちら EPARK歯科 中澤歯科クリニックブログ 歯医者ガイド 歯科医院の口コミサイト