一般歯科治療

痛みの少ない虫歯治療

虫歯予防

程度の浅い虫歯の場合、歯みがきやフッ素塗布で回復していくこともあります。
しかし、象牙質まで進行してその部分が黒ずんでいるような虫歯は、もう自然治癒が困難な状況です。
ズキズキと痛む場合は虫歯が神経まで達しており、できるだけ早く治療する必要があります。
虫歯予防としては、第一にブラッシング、次にプラスアルファでフッ素塗布やうがい薬などを用いるのが基本的な考えです。
ブラッシングは2回に分けて行うと効果的です。
最初は歯みがき粉をつけずにブラッシングをし、口をゆすいでから汚れがとれたのを確認して、もう一度歯みがき粉をつけてブラッシングすることをおすすめしています。

痛みを軽減する麻酔を使用

痛みの少ない、患者さまの負担を抑えた虫歯治療

痛みの感じ方には個人差があり、痛みを感じにくい患者さまや、麻酔が効きにくい患者さまもいらっしゃいます。
注射針を刺すときのチクッとした痛みを和らげるため、口内粘膜の表面に麻酔を塗る表面麻酔を行い、感覚を鈍化させてから細い針を使うなど、当院ではできるだけ痛みの少ない、患者さまの負担を抑えた虫歯治療を心がけています。

小児歯科

治療よりも予防を優先

乳歯の奥歯が生えてくる一歳半くらいのお子様から

お子さまの歯を虫歯から守るのは親の務めです。 虫歯を削る治療よりも、進行させずに予防していくことを考えてあげましょう。
歯医者は怖いと思う子が多いものです。
そこで、虫歯がなくても定期的に歯医者に行くことにより、場所に慣れ、先生に慣れ、何かあったときに落ち着いて治療を進めていくことができます。予防処置は痛みが伴わないので、歯医者への恐怖心がなくなります。
しかし、虫歯があれば治さなければなりません。
最初はチェアーに座ることから始め、バキュームの練習など少しずつ治療に慣らしていきます。
無理に抑えつけたりする治療は行いません。緊急性を要する場合を除いては、お子さまの状態に応じて、時間をかけながら治療を行っていきます。

歯みがきと健康的な食生活が基本

フッ素は、年3~4回程度行うと効果的

虫歯予防は、毎日の歯みがきが重要なのはいうまでもありませんが、当院ではお菓子を食べる習慣など、お子さまの歯のための指導も保護者の方へ行っております。
親子で歯に対する意識を高めていただくためにも、日々の歯みがきにプラスして、当院では3カ月に一度程度のお子さまの定期検診をおすすめしております。
検診ではブラッシング指導、歯列のチェックを行い、最後にフッ素塗布を行っています。
フッ素の十分な効果を得るには、歯科医院で年3~4回程度フッ素塗布を行うと効果的です。

レーザー治療

口内炎治療にレーザー治療

当院では最新のCO2レーザーを使用し、口内炎、歯周炎、口角炎、顎関節症の治療、歯肉の腫脹の除去などの治療を行っています。
レーザー治療は通常の治療法と比較して、以下のメリットがあります。

  • 麻酔をしなくても治療できる
  • 副作用がほとんどない
  • 処置が簡略
  • 治癒が早い
  • 感染予防
  • 術後の疼痛の減少

また、お子さまから高齢者の方まで、年齢を問わず治療を受けることができます。

マウスガード

フィット感にすぐれたマウスガード

マウスガードは、歯や口のまわりを保護し、外からの衝撃を抑え、歯の破折、顎の骨折、口腔粘膜の外傷などを軽減します。
ボクシング、ラグビーなど、コンタクト系のスポーツには欠かせないアイテムといえるでしょう。
マウスガードでもっとも多いのは、上の歯をU字型に被うタイプです。
一般に市販されているマウスガードと比べると、歯科医院で製作したものはフィット感にすぐれ、外れにくいため、プレーに集中できるメリットがあります。

ご予約はこちら EPARK歯科 中澤歯科クリニックブログ 歯医者ガイド 歯科医院の口コミサイト